このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

自分の名前や顔写真を無断で使用された

更新日:2016年9月30日

相談内容

  • 他人が自分の写真をアイコン等に加工して、SNSに書き込みをしている。
  • 誰かが自分の名前を使って他人の悪口を書き込み、トラブルになっている。

対応方法

  • 削除するためには、プロバイダやサイト管理者に依頼する必要があります。
  • 法務省人権擁護局に相談することも検討してください

重要

あなたの性的な画像・動画があなたの同意なしに掲載されたり、または、掲載するといって脅迫されている場合など(リベンジポルノ事案等)は、すぐに最寄りの警察署に相談してください。

説明

写真については、個人を特定することが可能な場合には、肖像権の侵害に当たるおそれがあります。また、自分で撮影した写真や動画(いわゆる自撮り)を勝手に他人が公開することは、著作権侵害に当たる可能性があります。プロバイダやウェブサイトの管理者に連絡し、削除対応を依頼しましょう。

名前については、ウェブサイトの管理者側から見ると、書き込みに使用された名前と、実際に書き込みを行った人の名前が同一であるかどうかは、書き込みの内容だけでは判断できません。また、同姓同名の人物が書き込みを行っている可能性や、その名前をハンドルネーム(ペンネーム)として書き込みを行っている可能性もあります。このため、削除依頼に応じてもらえないこともあります。
名前を使っている人に対して使用をやめるように連絡したり、掲示板などに「この書き込みは自分の偽物である」のような書き込みをすることで、かえって炎上する可能性があります。放置して事態の鎮静化を図ることも検討してください。

【参考】削除依頼について

削除依頼は、本人か本人の法定代理人からウェブサイトの管理者に対して行ってください。ウェブサイトの管理者が対応しない場合は、プロバイダ事業者に対応を求めてください。

サイバー犯罪に係る電話相談窓口

電話相談 電話:03-3431-8109

平日午前8時30分から午後5時15分まで

情報発信元

警視庁 サイバーセキュリティ対策本部 対策担当
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る