このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

警備業法改正の目的

更新日:2016年8月31日

我が国における警備業界を取り巻く現状

治安情勢の悪化と警備業の需要拡大

昨今のテロの脅威、その他治安情勢の深刻化から、警備業の需要が増大している。

苦情の多発

警備業務の需要の増大に伴い、警備業依頼者等からの苦情が多発している。

不適正な警備業務の実施による事件・事故の発生

昨今、不適正な警備業務の実施による「盗難事故、雑踏事故、交通事故、現金輸送車襲撃事件」などが発生している。

このような警備業務の社会的な重要性の拡大に伴い、業界全体のモラルの向上が求められるようになり、警備業務従事者に対する指導教育体制を始めとする警備業務全体の整備強化を図るために、改正(平成17年11月21日施行)となったのです。

情報発信元

警視庁 生活安全総務課 防犯営業第一係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る