このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

公安委員会が実施する直接検定の受検方法

直接検定の流れ

申請者

矢印

電話による事前申込み

受検資格1

  • 申請者の住所地が東京都内にある方
  • 現在、警備員で、所属する営業所の所在地が東京都内の方

受検資格2
(1) 1級の検定

(2) 2級の検定
特にありません。

検定種別

  • 空港保安(1級・2級) 16,000円
  • 施設(1級・2級) 16,000円
  • 交通誘導(1級・2級) 14,000円
  • 雑踏(1級・2級) 13,000円
  • 核燃料物質等危険物運(1級・2級) 16,000円
  • 貴重品運搬(1級・2級) 16,000円

矢印

受検票の交付

矢印

検定受検
直接検定の学科試験及び実技試験の出題範囲並びに配点基準

学科試験

  • 「直接検定の学科試験及び実技試験の出題範囲並びに配点基準」から出題
  • 五枝択一式・20問(100点)・60分間
  • 合格点90点以上

注記 学科試験の合格者のみが、実技試験を受検できます。

矢印

実技試験

  • 「直接検定の学科試験及び実技試験の出題範囲並びに配点基準」から出題
  • 実技試験の説明

注記1 受検者は、各実技試験開始前に内容を示した「状況想定文」を閲読した後に受検します。

  • 減点式採点法

注記2 採点は、受検者の持ち点「100点」から採点基準に従い減点します。

  • 合格点90点以上

注記3 全ての実技試験科目を終了した結果が、90点以上です。

  • 各実技試験終了ごとに発表

注記4 実施した実技試験終了ごとに減点した採点を集計します。
個々の実技試験終了の都度、「90点以上」ある方が、次の実技試験を受検することができます。
90点未満の受検者は、不合格となりその後の実技試験は受検できません。

矢印

検定に合格した場合

成績証明書交付

合格証明書の交付申請

合格証明書の交付申請の流れ

申請先

申請書類(1通)

(1)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。合格証明書交付申請書(PDF形式:18KB)
(2)添付書類
ア 履歴書
イ 住民票の写し(本籍地(外国人の場合は国籍等)を記載のもの)(コピー不可)
ウ 成績証明書
注記1 交付日から1年以内のものに限ります。
エ 警備員の所属する営業所の所在地を管轄する警察署に提出する場合
営業所に属することを疎明する書面
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。営業所所属証明書(PDF形式:9KB)
注記2 住居地の公安委員会と異なる場合に限ります。
オ 登記されていないことの証明書
カ 身分証明書
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。 医師の診断書(PDF形式:70KB)
ク ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。誓約書(PDF形式:12KB)
ケ 写真1枚
注記3 申請の6か月以内に撮影した無帽、正面、上3分身、無背景の縦3.0センチメートル、横2.4センチメートルの写真で、その裏面に氏名及び撮影年月日を記入したもの
(3)手数料 10,000円

合格証明書交付

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る