このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

保管場所届出手続

更新日:2018年6月1日

届出が必要なとき

普通自動車

所有者、住所等に変更がなく保管場所(車庫)を変更したとき
所有者、住所等に変更がある場合は、保管場所証明申請を行ってください。

軽自動車

  • 新車、中古車を新たに保有したとき
  • 保管場所(車庫)を変更したとき
  • 適用地域内に転居したとき

適用除外地域

使用者の住居又は事業所の所在地により、届出の必要がない地域があります。

届出に必要な書類

自動車保管場所届出書

保管場所標章交付申請書

保管場所の所在図・配置図

保管場所の使用権原を疎明する書類(自認書または保管場所使用承諾書)

保管場所が自分の所有地の場合

保管場所使用権限疎明書面(自認書)

保管場所が貸し駐車場の場合

保管場所使用承諾証明書

使用の本拠の位置が確認できるもの

詳しくは、「自動車の使用の本拠の位置が確認できるもの」をご覧ください。

届出方法

届出先

保管場所(車庫)の所在地を管轄する警察署
届出書は交通課の「車庫証明窓口」に提出してください。

受付時間

午前8時30分から午後5時15分まで
(土曜日、日曜日、祝日、年末年始12月29日から1月3日までを除く)

標章交付手数料

500円

次の書類と標章が交付されます。

  • 保管場所標章番号通知書(大切に保管してください。)
  • 保管場所標章(車の後部ガラス等に貼ってください。)

月末、年末、年度末は、大変混み合います。ご注意ください。

画像

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

警視庁 駐車対策課 駐車対策第三係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

警察署窓口での保管場所証明申請・届出手続

運転免許に関する情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る