トップ / 手続・相談 / 渡航証明(犯罪経歴証明書)の申請について


渡航証明(犯罪経歴証明書)の申請について

〈 Application for Certificate of Criminal Record 〉

警視庁で申請ができる方

外国の公的機関(大使館・移民局等)から犯罪経歴証明書の提出を求められており、下記のいずれかに該当する方。

※ 提出先、発給事由によっては、直ちに申請受理することができない場合や、証明書が必要ない場合もあるので、申請する方は、事前に電話でお問い合わせください。



申請場所

警視庁渡航証明係

警視庁本部庁舎1階(※ 正面玄関受付へおいでください。)

所在地: 千代田区霞が関2-1-1
電話 : 03-3581-4321(内線58114・58115)


<最寄り駅>

東京メトロ 有楽町線 : 桜田門駅(4番出口)
東京メトロ 丸の内線・日比谷線・千代田線 : 霞ヶ関駅(A2番出口)

※ 駐車スペースがないので、公共交通機関を利用しておいでください。



受付時間

月曜日〜金曜日(祝日・年末年始を除く)

午前8時30分〜午前11時30分
午後1時00分〜午後 5時00分

※ 申請当日の手続の所要時間は一人おおむね20分です。 証明書の受取は、おおむね2週間後です。


 

申請に必要な書類

【1】 東京都に住民登録をしている方

日本人

1 パスポート(有効期限内のもの、コピー不可)
2 次のうち、いずれか1通
(1) 住民票(発行から6か月以内のもの)
(2) 官公庁から発行され、氏名、住所が記載されたもの
    例 : 自動車運転免許証
        住民基本台帳カード(氏名、住所等が記載されているもの)
3 提出先機関からの証明書を要求する文書等、証明書発給の必要性が確認できる書類

※ 提出先、要求事由により、確認する書類等が多岐にわたるため、電話でお問い合わせください。

外国人

1 パスポート(有効期限内のもの、コピー不可)
2 次のうち、いずれか1通
(1) 住民票(発行から6か月以内のもの)
(2) 官公庁から発行され、氏名、住所が記載されたもの
    例 : 在留カード、特別永住者証明書
        自動車運転免許証
3 提出先機関からの証明書を要求する文書等、証明書発給の必要性が確認できる書類

※ 提出先、要求事由により、確認する書類等が多岐にわたるため、電話でお問い合わせください。


 
【2】 海外在住で日本の最終住民登録が東京都にあった方

日本人

1 パスポート(有効期限内のもの、コピー不可)
2 現住所が確認できる書類
    例 : 現地の自動車運転免許証
        本人宛ての郵便物(氏名、住所等が記載されているもの)
3 住民票の除票又は戸籍の附票
 (発行から6か月以内で、最終住民登録地の記載があるもの。)
4 提出先機関からの証明書を要求する文書等、証明書発給の必要性が確認できる書類

※ 提出先、要求事由により、確認する書類等が多岐にわたるため、電話でお問い合わせください。

外国人

1 パスポート(有効期限内のもの、コピー不可)
2 現住所が確認できる書類
    例 : 現地の自動車運転免許証
        本人宛ての郵便物
3 過去に東京に居住していた事実が確認できる書類等
    例 : 外国人登録原票の写し 等
※ 詳しくは、電話でお問い合わせください。
4 提出先機関からの証明書を要求する文書等、証明書発給の必要性が確認できる書類

※ 提出先、要求事由により、確認する書類等が多岐にわたるため、電話でお問い合わせください。



証明書の受取

○ 申請日からおおむね2週間後にお渡しします。

※ 年末年始、ゴールデンウイークは申請日からおおむね3週間後になります。

○ 申請者に直接お渡しします。

※ 代理受領を希望される方は、申請時にお申し出ください。

○ 郵送はできません。



手数料

無料です。



申請に当たっての留意事項

○ 申請の際には指紋を採取するので、必ず本人が直接窓口においでください。

○ パスポートの更新や氏名等を変更する予定の方は、事前に電話でお問い合わせください。

○ 東京都以外に住民登録をしている方
   → 住民登録をしている道府県の警察本部

○ 現在日本国内に住民登録がない方
   → 最終の住民登録地若しくは外国人登録地を管轄する都道府県警察本部

○ 申請者が、現在、日本国外に居住している場合は、その国の日本大使館や総領事館等でも申請できます。
 ただし、海外で申請した後に、日本で再度二重に申請することはできません。


【問合せ先】
警視庁 渡航証明係
TEL 03-3581-4321(警視庁代表)