このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

なりすましメールによる振り込め詐欺篇

更新日:2020年4月16日

会社の経営者や取引先を装ったメールを送りつけ、会社の従業員等を騙して犯人が用意した口座へ送金させる詐欺があります。メール本文では取引先や経営者を名乗ったり、メールアカウントを乗っ取った上で偽メールを送信するなど通常の取引メールと見分けるのが困難となっています。特にテレワーク勤務中は周囲に確認する相手がいないので注意が必要です。
本映像では、なりすましメールによる振り込め詐欺の手口と対策を紹介します。

情報発信元

警視庁 サイバーセキュリティ対策本部 対策担当
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る