このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

東京の犯罪(令和2年版)

更新日:2021年6月28日

全刑法犯の発生状況

令和2年中の全刑法犯の認知件数は82,764件で、そのうち窃盗犯が最も多く6割以上を占めています。

特殊詐欺の発生状況

令和2年中の特殊詐欺の認知件数は2,896件で、被害総額は約63億円です。

強盗・ひったくり・万引き・強制わいせつ・強制性交等の発生状況

  • 侵入強盗の発生場所で最も多かったのが「一戸建住宅」をはじめとした「住宅」での発生で、全体の48.5パーセントを占めています。
  • 強制わいせつの発生場所で最も多かったのが「道路上」での発生で、全体の31.4パーセントを占めています。
  • 強制性交等の発生場所で最も多かったのが「中高層(4階建以上)住宅」での発生で、全体の26.0パーセントを占めています。

侵入窃盗・乗り物盗の発生状況

  • 侵入窃盗の発生場所で最も多かったのが「一戸建住宅」をはじめとした「住宅」で、全体の45.8パーセントを占めており、51.4パーセントが無締りの窓や出入口から侵入されています。
  • 自転車盗は、全体の48.9パーセント、オートバイ盗は、全体の63.0パーセントが、一戸建住宅の敷地内やマンション・アパートの敷地内から盗まれています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

警視庁 生活安全総務課 個別防犯係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る