このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部改正について

更新日:2021年6月30日

最近におけるストーカー行為等の実情に鑑み、規制対象行為の拡大に関する規定が整備されました。

主な改正の概要

GPS機器等を用いた位置情報の無承諾取得等

  • 相手方の承諾なく、相手方の所持する位置情報記録・送信装置(GPS機器等)の位置情報を取得する行為
  • 相手方の承諾なく、相手方の所持する物に位置情報記録・送信装置(GPS機器等)の位置情報を取り付ける行為

が新たに規制対象になります。
これらの行為の規制は令和3年8月26日より施行されます。

相手方が現に所在する場所における見張り等

住居、勤務先、学校など相手方が通常いる場所に加え、相手方が実際にいる場所の付近において、見張る、押し掛け、みだりにうろつく行為
が新たに規定対象となります。
これらの行為の規制は令和3年6月15日より施行されます。

拒まれたにもかからわず、連続して文書を送る行為

電話、FAX、電子メール、SNSメッセージに加え、拒まれたにもかからわず、連続して、文書を送る行為
が新たに規定対象となります。
これらの行為の規制は令和3年6月15日より施行されます。

改正ストーカー規制法

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

生活安全総務課 ストーカー対策室
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

法令・条例

運転免許に関する情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る