このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから
新宿警察署

犯罪抑止対策

更新日:2021年3月9日

特殊詐欺の被害にあわないために!「新宿3ザル運動」

新宿警察署では、特殊詐欺被害防止の対策方法をわかりやすくまとめた「新宿3ザル運動」動画をYouTubeで公開しています。ご家庭での詐欺対策にお役立てください。

犯人の電話に「出ザル」(留守番電話の活用)

電話が鳴っても、すぐに出るのはとても危険です。留守電になるまで待ち、メッセージで相手を確認してから電話に出ましょう。

犯人の言うことを「聞かザル」(電話を切って通報)

犯人は、役所や警察を名乗り、嘘の手続きを言ってきます。電話を切って、通報をしましょう。

お金があると「言わザル」(個人情報は言わない)

家や銀行にお金がいくらあるか聞かれても、絶対に答えないようにしましょう。お金があると知った犯人に強盗に入られる危険があります。

新宿3ザル運動チラシ

宅配や点検をかたる強盗に注意!

都内では宅配便や点検業者を装って自宅を訪問し、強盗に入られる事件が発生しています。

  • 自宅にいても玄関にはカギをかけ、ドアチェーンをしておく。
  • 訪問者には、玄関を開けずにインターホン越しなどで対応し、相手の身分や用件をよく確認する。
  • 宅配便の荷物が来た場合は、送り主や中身を確認する。
  • 少しでも不審に感じたら、すぐに110番する。

など、十分に注意しましょう。

強盗チラシ

新型コロナウイルスワクチンを口実にした詐欺に注意!

都内では保健所職員を騙り、「高齢者は優先してPCR検査とワクチンが受けられる。お金は戻りますので、予約金を振り込んでください。」などという詐欺電話が確認されています。

  • 電話でお金は詐欺です。役所の職員はこのような電話は絶対にかけません。
  • 新型コロナウイルスに関することは公的機関のホームページで最新情報を確認しましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

新宿警察署
電話:03-3346-0110(署代表)

本文ここまで


以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る