このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

育児等の期間にある職員及び介護を抱える職員が活躍できる職場環境の整備

更新日:2020年7月1日

育児等の期間にある職員に対する支援

職場復帰支援プランの運用

出産、育児等を抱える職員が、組織への帰属意識及び能力を維持し、職務や育児等に関連した悩みや不安感を解消して、円滑な職場復帰を促す「職場復帰支援プラン」を運用しています。
また、仕事と育児の両立に関する助言等を行う「子育てアドバイザー」を指定し、育児中の職員を支援しています。

話し合いをする職員

時差出勤勤務の拡大及びサテライトオフィス型テレワークの実施

職員の仕事との両立を支援するため、下記の制度を導入しています。

時差出勤勤務

一日の勤務時間の長さを変えることなく、始業時刻を繰り上げ、又は繰り下げて勤務できる時差出勤勤務を導入しています。対象職員を、子の誕生から小学校4年生までの子等を養育する職員及び介護を抱える職員に拡大しています。

サテライトオフィス型テレワーク

通勤時間の短縮を図り、当庁5か所の施設を活用したサテライトオフィス型テレワークを導入しています。

サテライトオフィス型テレワークの様子

警視庁職員互助組合による支援

育児支援対象施設、病児・病後児保育施設の利用割引、利用補助

24時間365日緊急対応可能なベビーシッター及び24時間保育可能な保育施設、病児・病後児保育施設を割引価格で利用できるよう契約しています。また、保育サービスやホームヘルパーを利用した際の費用の一部を補助しています。

育児休業復帰支援講座の実施

福利厚生事業の一環として、育児休業中の職員に対して復職の際の不安を解消する講座を開催しています。

育児休業復帰支援講座の様子

子育てイベントの実施

福利厚生事業の一環として、家族間又親同士のコミュニケーションの向上や男性の育児参加意識を高めることを目的として、子育て中の職員とその家族を対象に親子参加型の子育てイベントを開催しています。

親子参加型の子育てイベントの様子

介護サービス利用割引、利用補助

介護家族を抱える職員やその家族を対象に、提携する介護サービス事業者を割引価格で利用することができます。また、介護サービスを利用した際の費用の一部を補助しています。

介護実践講座の実施

現在又は将来の介護に負担や不安を抱える職員やその家族を対象に、介護に関する基本的な知識や技術の習得を目的とした講座を実施しています。

介護実践講座の様子

長時間勤務の是正等の働き方改革

年次有給休暇、リフレッシュ休暇の取得の促進

休暇取得促進を図るため、職員に対する啓発資料である「リフレッシュニュース」を発行し、夏季、冬季及び永年勤続等における連続休暇の取得の促進を図っています。

定時退庁日の指定

各所属の実情に応じた定時退庁日の指定を促し、当該定時退庁日における定時退庁に努めています。

情報発信元

警視庁 制度企画室
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

警視庁における女性の活躍推進に向けた取組

運転免許に関する情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る