このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

110番アプリシステム

更新日:2021年1月1日

110番アプリシステムとは

  • 聴覚や言語に障害のある方や音声による110番通報が困難な方が、事件や事故にあったとき、携帯電話から文字による110番通報ができるよう、警察庁が「110番アプリシステム」を開設しています。
  • 上記以外の方の110番アプリシステムのご利用は、聴覚や言語に障害のある方や音声による110番通報が困難な方からの通報に支障を来しますので、通話による110番通報をお願いします。
  • 110番アプリシステムは、事件・事故の通報に用いるものです。虚偽又は業務に支障を来す通報は、犯罪となる可能性があります。
  • 通報時には、それぞれの電話会社との契約に応じた通話料金がかかります。

110番アプリシステムの使い方

スマートフォンに専用のアプリケーションプログラムをダウンロードし、氏名、電話番号、パスワード等を事前に登録することで、利用が可能となります。詳しくは、警察庁ホームページをご覧ください。

スマートフォン版

フィーチャーフォン版イメージ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

通信指令本部 指令計画第一係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る