このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

貨物集配中の車両に係る駐車規制の見直し

更新日:2019年10月4日

「貨物集配中の車両に係る駐車規制の見直し」とは

交通の安全と円滑を確保しつつ、貨物集配中の貨物車に配意したよりきめ細かな駐車規制の見直しを推進しており、場所と時間帯を限定して駐車が出来るようにしています。

実施イメージ

貨物集配中の貨物車は、駐車禁止区間内であっても、「P」と表示された道路標識の下に「貨物集配中の貨物車に限る」と記載のある場所では、「貨物車専用」と表示された枠内に駐車できます。

駐車できる車両について

貨物集配中の貨物車

  • 現に貨物の集配を行っている貨物車

「貨物車」とは自動車番号票(ナンバープレート)の「種別及び用途」が1、4、6のもの(8の貨物を含みます。)

注意事項

  • 貨物車であっても、貨物集配以外(食事や休憩)のご利用はできません。
  • 駐車枠をはみ出して駐車することはできません。
  • 枠内であっても、1枠内に2台の駐車はできません。
  • 1台でも多くの貨物車が利用できるよう20分以内の駐車にご協力お願いいたします。

貨物集配中の車両に係る駐車規制の見直し場所

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

警視庁 交通規制課 規制第二係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る