このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

暴走族及び違法行為を敢行する旧車會員等に対する取締りの実施

更新日:2019年7月1日

最近の暴走族等の現状

暴走族のグループ数や構成員数は、減少傾向にあるものの、グループを小規模化させ、単発ゲリラ的な暴走形態を主流に活動している者も多数おり、依然として集団で信号無視等の危険走行や広がり走行、蛇行運転等を行ったり、特定の場所・道路区間で制限速度を大きく超える競走行為や不正改造により騒音を撒き散らす等、周囲に多大な迷惑や危険を及ぼしている現状にあります。
また一部の旧車會は、違法走行を行わないことを装いながら、警察の目の届かないところでは、暴走族と変わらない違法走行を敢行している者もいます。
そのほかに、最近は改造車両が参加する大規模な集会が、広場や商業施設等の駐車場で管理者の許可無く行われている場合もあります。

警視庁の取り組み

暴走族や違法行為を敢行する旧車會員らによる危険行為や迷惑行為を無くすためには、警察の取締りを強化するほかに、関係機関・団体と連携した対策や各種広報活動を推進し、都民の中に暴走族等の追放気運を醸成して、

  • 暴走族等のい集・違法走行を目撃した場合の110番通報等の協力要請
  • 暴走族等がい集する場所の管理者に対する協力要請
  • 新たに暴走族等の組織に加入させない
  • 暴走族等の組織解体や加入者の離脱

を今後も推進していきます。

暴走族の種別

共同危険型暴走族

暴走族のうち、集団による信号無視や最高速度違反、広がり走行、蛇行運転等の行為を行って、著しく交通の危険を生じさせ、又は著しく他人に迷惑を及ぼす行為をする者

違法競走型暴走族

暴走族のうち、ローリングやドリフト走行等をして、一定区間の通過タイムや運転テクニックを競い合い、著しく交通の危険を生じさせ、又は著しく他に迷惑を及ぼす行為をする者(例:ルーレット族、ドリフト族、ローリング族)

違法行為を敢行する旧車會員

旧車會員のうち、主として道路における自動車等の運転に関し、グループの行事等において、排気騒音や走行形態により一般通行車両や周辺住民に多大な迷惑を及ぼし、若しくは不安を与えることとなる行為を行い、又は行うおそれがある者で、暴走族に該当しない者により構成されているグループ

暴走族等の取締り体制

警視庁では、毎週土曜日と、特別な走行情報等を入手した場合には、「暴走族対策本部」を設置し、交通機動隊及び高速道路交通警察隊を集中的に運用するとともに、各警察署と連携した暴走族対策を実施しています。
また、暴走族等の組織解体や違法走行の未然防止を図るため、関係各部門等と連携し、共同危険行為をはじめとする悪質・危険な交通違反の積極的な事件化と広報啓発活動を推進するとともに、暴力団との関係や特殊詐欺への関与を含む情報収集活動にも努めています。

お願い

暴走族等が行う信号無視や速度超過等の違反は、重大事故につながる危険性が高いことから、暴走族等のい集・違法走行を発見した場合には、110番通報をお願いします。
安全・安心な地域社会を実現するためにも、地域のみなさまのご協力をお願いします。

情報発信元

警視庁 交通執行課 暴走族対策係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

交通指導取締り

運転免許に関する情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る