このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

警視庁による拳銃所持犯罪の検挙事例

更新日:2020年4月13日

暴力団傘下組織幹部らによる拳銃等加重所持事件

自宅内において、自動装填式拳銃4丁、回転弾倉式拳銃2丁とこれに適合する実包169発とともに所持していた事件で暴力団幹部の男3人を銃砲刀剣類所持等取締法違反(拳銃等加重所持及び組織的拳銃等加重所持)で検挙しました。

暴力団傘下組織幹部らによる拳銃等加重所持事件写真

暴力団傘下幹部組員らによる拳銃等加重所持事件

都内所在の会社寮内において、拳銃10丁をこれに適合する実包233発とともに所持したとして、暴力団傘下組織組員ら5人を銃砲刀剣類所持等取締法違反(拳銃等加重所持)で検挙しました。

暴力団傘下幹部組員らによる拳銃等加重所持事件写真

情報発信元

警視庁 組織犯罪対策第五課 銃器薬物対策第一係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る