このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

テロ対策東京パートナーシップ

更新日:2019年2月19日

官民を挙げたテロを許さない社会づくり

ANTEP MPD Anti-Terrorism Partnership,TOKYO

平成20年11月、民間事業者等と警視庁・東京都等の行政機関が連携し、「テロ対策東京パートナーシップ推進会議」を発足、「テロを許さない社会づくり」をスローガンに、官民一体となってテロの未然防止やテロ発生時の協働対処体制の強化に向けた各種対策を推進しています。
さらに、平成22年6月までに、都内全地域に根差した活動をするため、地域版パートナーシップを発足し、関係行政機関や民間事業者、地域住民等と連携して、「テロを許さない街づくり」を推進しています。
この「テロを許さない街づくり」の結集が、「テロを許さない社会づくり」へとつながり、やがて、「世界一安全な都市、東京」を実現させます。
テロ対策東京パートナーシップの活動に対する皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

テロ対策東京パートナーシップの主な活動

1 テロ対処合同訓練

実際にテロが発生した場合を想定し、被害を最小限に抑え、効果的な対応ができるよう実動訓練や図上訓練を実施しています。

2 合同パトロール

パートナーシップ参画者の方々と一緒に、合同パトロールを行い、危険箇所の把握や環境浄化を実施し、テロ等の未然防止に努めています。

3 合同キャンペーン

パートナーシップ参画者の方々とキャンペーンを行い、テロ対策について都民の皆様にご理解とご協力を呼びかけています。

4 合同研修会

テロ情勢やテロ対策に関する情報・専門知識を共有し、危機意識の醸成や危機管理体制の強化を目的として実施しています。

5 テロ対策広報の実施

集客施設の大型ビジョンや公共交通機関の電光掲示、新聞、雑誌、ホームページなど、関係機関の協力を得て、テロ対策のための広報を実施しています。

「テロ対策東京パートナーシップ推進会議」参画者による活動紹介

(注記)SOLAS「海上における人命の安全のための国際条約」

平成22年6月までに、全102警察署が、「地域版パートナーシップ」を構築し、「パートナーシップでテロを許さない街づくり」を合言葉に活動を開始しました。
地域の特性に応じた形で実践的、効果的に推進している活動を一部御紹介致します。

その他

警視庁警備第一課では、官民一体となったテロ対策を推進するため、「その異変を見過ごさない あなたの行動がテロの抑止に」と題し、テロ対策のための視聴覚映像を作成しました。また、テロ対策広報用映像「通報する勇気」(30秒版)もダウンロード出来ますので、ご覧下さい。

「テロを許さない社会づくり」・「テロを許さない街づくり」のため、ご協力をお願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

警視庁 警備第一課 危機管理室(パートナーシップ事務局)
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る