このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

JKビジネスの危険性

更新日:2020年11月25日

特定異性接客営業等の規制に関する条例

特定異性接客営業及び特定衣類着用飲食店営業(JKビジネス)について必要な規制を行うとともに、これらの営業に係る特定の行為を禁止すること等により、青少年(18歳未満の者をいう。)の健全な育成を阻害する行為及び青少年を被害者とする犯罪を防止することを目的として、平成29年7月1日から施行されました。

禁止行為

(特定異性接客営業等の規制に関する条例第8条より)
特定異性接客営業者及び特定衣類着用飲食店営業者は、青少年を客に接する業務に従事させてはならない。

18歳未満の人は、JKビジネスで働くことはできません。

JKビジネスの危険性チラシ

相談窓口

「JKビジネス」に係る各種トラブルに遭った際は、最寄の警察署またはヤング・テレホン・コーナーまでご相談ください。

電話:03-3580-4970
24時間相談を受け付けております。あなたのプライバシーは守られます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

警視庁 少年育成課 少年対策係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る