このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

記載事項変更(住所、氏名、本籍(国籍)の変更の方)

更新日:2019年8月15日

東京都に住所がある方は、運転免許証に記載されている住所、氏名、本籍(国籍)の変更ができます。なお、本人以外であっても、住民票に併記されている方であれば代理人として申請することができます。

手続場所・受付日時

都内全警察署

平日:午前8時30分から午後5時15分まで
(土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)は業務を行っていません。)

運転免許更新センター

平日:午前8時30分から午後5時15分まで
(土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)は業務を行っていません。)

運転免許試験場

平日:午前8時30分から午後5時15分まで
日曜日:午前8時30分から正午まで、午後1時00分から午後5時15分まで
(土曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)は業務を行っていません。)

手数料

無料

必要書類

住所の変更

本人による申請の場合

1 運転免許証
2 新しい住所が確認できる書類(確認)

  • 住民票(マイナンバー(個人番号)が記載されていないもの)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 健康保険証
  • 消印付郵便物
  • 住所が確認できる公共料金の領収書

など

代理人による申請の場合

1 運転免許証
2 申請者と代理人が併記された住民票(確認)

  • マイナンバー(個人番号)が記載されていないもの。

3 代理人の住所、氏名等が確認できる書類(確認)

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 健康保険証
  • 旅券(パスポート)
  • 学生証
  • 社員証

など

本籍(国籍)、氏名の変更

本人による申請の場合(住民基本台帳法の適用を受ける方)

1 運転免許証
2 本籍(国籍)記載の住民票(提出)

  • マイナンバー(個人番号)が記載されていないもの。マイナンバーが記載されている場合、記載部分をマスキングしていただきます。

同一本籍の複数人が同時に記載事項変更をする場合は、本籍地記載の住民票(手続をする全ての方が記載されているもの)1通のみで手続ができます。

本人による申請の場合(住民基本台帳法の適用を受けない方)

1 運転免許証
2 旅券等(確認)

  • 旅券(パスポート)
  • 外務省の発行する身分証明書

など

代理人による申請の場合

1 運転免許証
2 申請者と代理人が併記された本籍(国籍)記載の住民票(提出)

  • マイナンバー(個人番号)が記載されていないもの。マイナンバーが記載されている場合、記載部分をマスキングしていただきます。

3 代理人の住所、氏名等が確認できる書類(確認)

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 健康保険証
  • 旅券(パスポート)
  • 学生証
  • 社員証

など

その他

外国籍の方は、在留資格を確認できる書類等をお持ちください。

問合せ先

警視庁 府中運転免許試験場 免許第二係

電話:042-362-3591(代表)

警視庁 鮫洲運転免許試験場 免許第二係

電話:03-3474-1374(代表)

警視庁 江東運転免許試験場 免許第一係

電話:03-3699-1151(代表)

情報発信元

警視庁 運転免許本部 免許管理第一係
電話:03-6717-3137(代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

各種手続きについて知りたい

このページを見ている人はこんなページも見ています

運転免許に関する情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る