このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

令和元年台風第19号により被災された方へ

更新日:2019年10月21日

運転免許証の有効期間が令和2年3月31日まで延長されます

対象となる方

運転免許証の有効期間の末日が、令和元年10月10日(平成31年10月10日)から令和2年3月30日(平成32年3月30日)までで、災害救助法適用地域に住所のある方は、令和2年3月31日まで運転することができます。

東京都内の災害救助法適用地域

東京都内では、以下の区市町村に住所のある方が対象になります。

災害救助法適用地域
都道府県名 区市町村名
東京都 墨田区、大田区、世田谷区、豊島区、北区、板橋区、練馬区
八王子市、立川市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、日野市、福生市、狛江市、東大和市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市
西多摩郡瑞穂町、西多摩郡日の出町、西多摩郡檜原村、西多摩郡奥多摩町
大島町 台風第15号の災害救助法適用地域

対象となる区市町村は、令和元年10月19日現在の災害救助法が適用された区域のものです。

  • 対象となる方は、令和2年3月31日までに住所地を管轄する運転免許試験場、運転免許センター等で更新手続をしてください。
  • 運転免許証の更新以外の手続についても、同様の措置がとられています。
  • 最新の情報、他県内で対象となる市町村、延長措置がとられるその他の手続については、最寄りの警察署、運転免許本部にお問い合わせください。
  • 東京都内で更新手続をされる方は、住所を東京都に変更する必要があります。

情報発信元

警視庁 運転免許本部 免許管理第一係
電話:03-6717-3137(代表)

本文ここまで


Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る