このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

各種申請用写真のご案内

更新日:2020年5月29日

申請用写真のご案内

運転免許の各種手続で使用する申請用写真の条件等は次のとおりです。

適正写真

  • 縦3センチメートル×横2.4センチメートル(国外運転免許証申請時に添付する写真サイズは、縦5センチメートル×横4センチメートル。以下は同じです。)
  • カラー、無帽(宗教上又は医療上の理由がある場合を除く。)、正面、上三分身、無背景
  • 申請前6か月以内に撮影したもの
  • 目の色や大きさが変わるため、カラーコンタクト等の使用はできません。

背景が極端な原色(赤色や黒色など)のもの、顔の輪郭や衣類などが背景と同化しているもの、粒子の粗いもの、ドット(網状の点)やジャギー(階段状のギザギザ)があるものなどは使用できません。
宗教上、医療上の理由により平素からかつら、帽子、布、ウィッグ等を使用されている方にあっては、個人識別の容易性が確保される範囲において使用は可能です。事前にご相談ください。

運転免許証の写真撮影について

運転免許証用の写真は係員が撮影します。上記適正写真で記載している条件を基に撮影していますので参考にしてください。

更新手続での持参した写真による運転免許証の作成について

現在、運転免許試験場では、ご来場いただく皆様の新型コロナウイルスへの感染防止を図るため、入場制限などを実施し、窓口での滞留防止を実施しておりますので、持参した写真による運転免許証の作成申請につきましてはご遠慮ください。ご理解とご協力をお願いします。

運転経歴証明書の写真について

運転経歴証明書を運転免許更新センター及び警察署で申請される方は、申請書に添付された写真を基に運転経歴証明書を作成しますので、上記適正写真に記載された条件の写真をお持ちください。
運転免許試験場で申請される方は、申請書用の写真は必要ですが、運転経歴証明書の写真には運転免許試験場で撮影した写真を使用します。
写真は窓口で確認させていただきます。

不適正な写真例

不適正な写真例(宗教上の理由により頭部を布で覆う場合)

不適正な写真例(医療上の理由により帽子等を使用する場合)

その他の不適正な例

  • 不鮮明、変色、傷、汚れなどのあるもの
  • サングラス、マスクを使用していたり、変装したりして個人識別が容易でないもの
  • 合成写真または写真を修正しているもの
  • 写真専用紙で印刷していないもの
  • 写真をコピーしたもの
  • グラデーションがあるもの
  • 洋服が見えず、裸に見えてしまうもの

問合せ先

警視庁 府中運転免許試験場 免許第三係

電話:042-362-3591(代表)

警視庁 鮫洲運転免許試験場 免許第三係

電話:03-3474-1374(代表)

警視庁 江東運転免許試験場 免許第二係

電話:03-3699-1151(代表)

情報発信元

警視庁 運転免許本部 免許管理第一係
電話:03-6717-3137(代表)

本文ここまで


以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る