Metropolitan Police Department

先輩の声

刑事警察

練馬警察署 盗犯捜査第一係 巡査長

盗まれた物と>
被害者の笑顔を取り戻す。

入庁の経緯と現在の仕事

利益を追求する仕事より、純粋に「世のため、人のため」に仕事がしたいと思い、警察官になると決めました。警視庁に入庁したのは、首都・東京を守る最大の警察組織の一員として活躍したいと考えたからです。現在、私は刑事として、空き巣やひったくり、万引きといった窃盗事件の捜査を担当しています。被害者から通報を受けるとすぐに現場に臨場し、犯人の足跡や指紋、防犯カメラ画像などの証拠資料を収集し、小さな手掛かりから犯人像を絞り込み、被疑者を割り出して検挙します。

担当業務のやりがい

私が所属する練馬警察署の管内は、住宅街であるため、空き巣をはじめとした侵入窃盗が多く発生します。誰がどのような手口を使って侵入し、現場からどのように逃走したか、現場に残されたわずかな痕跡を見逃さず、動かぬ証拠の収集に努めます。被疑者を特定し、検挙するためには地道な捜査が必要になりますが、被疑者を検挙し、被害品を被害者に返還するなどして被害者から感謝されたときは、大きな達成感とやりがいを感じることができます。また、ただ被疑者を捕まえるだけでなく、二度と同じ過ちを犯さないよう諭して更生させることも、刑事の醍醐味の一つです。

仕事をする上で
大切にしていること

窃盗事件の捜査はスピードが大事です。時間が経過すると、現場に残された指紋や足跡、防犯カメラ画像といった証拠資料が消失するおそれがあるので、現場での初動捜査が特に重要になります。些細なことであっても、違和感を感じれば必ず確認し、あらゆる可能性を視野に入れ、数手先を読みながら犯人の行動を推理するよう心掛けています。また、日常からフットワーク良く機敏に行動することなど、苦労をいとわない姿勢を常に忘れないようにしています。

これからの目標

先輩方に比べて、私は刑事としてまだまだ未熟です。日常から地域特性の把握に努め、発生するあらゆる事案に対応し、事件を一つひとつ解決することで経験を積みながら刑事として成長し続けていきたいです。その上で、いつかは本部の捜査課に所属する刑事となり、世間を騒がす大きな事件を解決することで、首都・東京の安全・安心を守りたいです。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール

6:00
起床
6:30
朝食
8:30
出勤、朝礼、ミーティング
9:00
事件現場臨場
12:00
休憩
13:00
聞き込み捜査、防犯カメラ解析など
16:00
捜査報告書作成等
17:15
退庁
18:00
帰宅、家族で夕食
20:00
昇任試験勉強等
23:00
就寝

PROFILE

練馬警察署 盗犯捜査第一係 巡査長

平成27年(2015年)
入庁、練馬警察署へ卒業配置 地域第四係
平成30年(2018年)
現職