Metropolitan Police Department

先輩の声

本部・事務

会計課 会計監査室監査指導係 副主査

会計業務を監査・指導し
より強固な
組織をつくる。

入庁の経緯と現在の仕事

警察行政職員として都民のために働く姉の姿を見て、警視庁に魅力を感じ入庁を決意しました。警察署の会計係、情報管理課勤務を経て、現在は会計課で各警察署の会計事務担当者への指導教養を主に担当しています。警視庁は大きな組織であるため多額の予算が執行されており、一つひとつの業務に関わる会計処理が適切であるか、監査を行う必要があります。外部組織による会計監査も設けられていますが、警視庁内部の人間が確実な監査を行うことにより、強固な組織づくりに貢献しています。

担当業務のやりがい

各警察署の会計担当者から、会計業務に関する問合せを受けますが、それらの疑問に対して正確に答えるには、何よりも自分が法令を正しく理解していなければなりません。適切な財務会計処理の根拠となる法令等を各会計担当者に助言・指導することで、その所属の円滑な警察業務の推進につながるため、努力によって自分の成長を実感できるのがこの仕事のやりがいです。また、自分の持つ財務の知識を多くの職員と共有することで、警視庁全体の力を底上げする役割を果たせる仕事だと思っています。

仕事をする上で
大切にしていること

入庁以来、私の主な業務となっている会計や財務に関する知識を更に磨いていくことはもちろんですが、指導する立場となった今は、より多くの人に会計業務に関する知識を分かりやすく伝えることを心掛けています。多額の予算が執行される警視庁の会計業務には厳しい目が必要ですが、一方的に監査を行うだけでなく、相手の立場に寄り添いながら協働し、お互いに高め合いながら業務を進めていくことが、今の時代に合った仕事のやり方だと考えています。

これからの目標

会計業務はITの力によって日々進化しています。旅費や休暇の申請、文書の管理など、以前は紙で処理していたものをパソコンで処理することにより、煩雑な手続きを減らし、本来の業務に集中する時間を増やすことができます。私も会計業務の合理化をより推進し、多くの職員の業務環境を改善させていきたいです。また、東京の国際化を見据えて英語のスキルも向上させたいと考えています。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール

6:30
起床
7:00
朝食
8:30
出勤、勤務日誌などの決裁
10:00
各所属からの問合せに対応
11:00
旅費請求システムのプロジェクトの打ち合わせ
12:00
休憩
13:00
資料作成
15:00
主任会計専科研修の準備
17:15
退庁
18:30
帰宅
19:30
夕食
21:00
読書
23:00
就寝

PROFILE

会計課 会計監査室監査指導係 副主査

平成18年(2006年)
入庁 高井戸警察署へ卒業配置、会計厚生係
平成21年(2009年)
情報管理課 運用第二係
平成22年(2010年)
運用第一係
平成26年(2014年)
主任に昇職 小松川警察署 会計係
平成27年(2015年)
情報管理課 運用第一係
平成28年(2016年)
副主査に昇職 浅草警察署 会計係
平成30年(2018年)
現職