Metropolitan Police Department

先輩の声

組織犯罪対策

福生警察署 銃器薬物対策係 巡査長

薬物を資金源とする
犯罪組織に
正義の鉄槌を下す。

入庁の経緯と現在の仕事

子供の頃、正義のヒーローに憧れ、いつか自分もテレビドラマのような、悪い奴らを捕まえて街の安全を守るかっこいい警察官になりたいと思っていました。警視庁を志望したのは、柔道で培った体力を活かして、日本の首都・東京で人の役に立ちたいと考えたからです。刑事組織犯罪対策課は、刑事事件捜査のほか、暴力団や外国人犯罪組織といった治安に大きな影響を及ぼす犯罪組織の実態を解明し、犯人を検挙することで、社会の安全を脅かす犯罪組織を壊滅させることを使命としています。私は銃器薬物対策係員として、覚醒剤等の違法薬物事件の捜査、拳銃所持等の銃器事件捜査、違法薬物の根絶に向けた薬物乱用防止活動に従事しています。

担当業務のやりがい

薬物の密売人は、インターネットの掲示板やSNSを使い、甘い誘い文句で若者たちに近づきます。薬物所持で検挙した被疑者から、「警察に捕まってよかった。ようやく薬物から離れられる」と言われることがありますが、一度薬物に手を出してしまうと、元の生活に戻るのはとても大変です。薬物に手を出して苦しんでいる人を一人でも多く減らすには、薬物で稼いだ金を資金源とする暴力団や外国人犯罪組織を徹底的に壊滅させなければなりません。また、一方で、中・高校生といった若者を対象とした薬物乱用防止イベントなどを開催し、薬物に対する危機意識を高める活動も行っています。社会から違法薬物を排除することで、安心して暮らせる街づくりに貢献できる誇りの持てる仕事です。

仕事をする上で
大切にしていること

薬物所持犯人や拳銃所持犯人の取調べから、捜査によって入手ルートや背後にいる犯罪組織の実態を解明し、検挙に至るまでには、長い時間と労力が必要であり、決して一人ではできません。組織に対抗するには、それを上回る組織力が重要です。常に周囲との情報共有を図り、チーム全員が連帯感を高めることで悪質な犯罪組織を一網打尽にします。また、大きな事件となると、他の警察署や本部との連携も不可欠です。警視庁が一丸となるために、関係所属への連絡調整を綿密に行うよう心掛けています。

これからの目標

担当する銃器や薬物に関する知識はもちろん、増加する外国人犯罪や、サイバー空間を利用した犯罪に対応し、捜査手法の幅を広げるための勉強をしています。先日、友人から「警察官がいるから東京の治安が維持できている。頼りにしているよ」と期待の言葉を掛けられました。警視庁の一員として力を尽くし、誰もが居心地の良い安全な社会の実現を目指していきたいです。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール

6:00
起床
6:30
朝食
7:30
早朝術科訓練
8:30
出勤、捜査会議、各種照会、捜査書類作成など
12:00
休憩
13:00
薬物乱用防止対策活動(近隣学校での指導教養など)
15:00
証拠品捜査
17:15
退庁
19:00
帰宅
20:00
夕食
21:00
テレビ鑑賞等
23:00
就寝

PROFILE

福生警察署 銃器薬物対策係 巡査長

平成27年(2015年)
入庁、福生警察署へ卒業配置、地域第一係
平成30年(2018年)
留置係を経て、現職