Metropolitan Police Department

先輩の声

海技

東京湾岸警察署 水上安全第三係 主事

水上から
東京を守る使命。

入庁の経緯と現在の仕事

幼い頃から海が大好きだったことと、父が船の仕事をしていたことから、海の安全を守る仕事に就きたいという思いを持ち続けていました。警視庁に入庁したのは、海上自衛隊や海上保安庁とは違って異動がないため、入庁してから退職するまで東京周辺の水域で活動でき、東京の海、河川のプロフェッショナルになれると思ったからです。私の所属する水上安全課は、東京湾や都内の河川・運河において、警備艇による人命救助、花火大会や外国要人来日時の警備等を行っています。私は警備艇の操船を担当し、人々が安心して水辺で過ごせるよう、水上パトロール等に従事しています。

担当業務のやりがい

地域の人々が安心して水辺で過ごせるよう水上をパトロールし、水難事故等が発生した際は素早く現場に向かって救助にあたるなど、海や河川の安全に直接貢献できるのがこの仕事の魅力です。特に、自分が操船する警備艇で救助活動を行い、水難事故に遭った人を無事に救助できたときには、自身の手で人の命を守ることができることに、やりがいを感じます。

仕事をする上で
大切にしていること

警視庁は、様々な大きさやタイプの異なる22隻もの警備艇を有しており、その特性を活かした操船や、特性を考慮した点検・整備を心掛けています。私は、入庁するまで船の機関部に関する知識がほとんどありませんでしたが、日々の点検・整備を通じて整備知識と整備技術の修得に努めており、今では自信を持って業務を行うことができるようになりました。また、所外活動時は、警察職員一人ひとりが警視庁の顔であるため、些細な取扱いであっても、迅速、適正、丁寧な対応を心掛けるようにしています。

これからの目標

警備艇の種類により特性が異なるため、警備艇それぞれの特性を活かし、緊急時にも気象・海象に応じた操船ができるよう、日々訓練を積み、操船技術を高めていきたいです。そしていつか、船のプロフェッショナルとなり、困難な状況での操船も迅速かつ的確にこなせる先輩方のように活躍することが目標です。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール

6:00
起床、朝食
8:00
出勤
8:30
指示
9:00
訓授
10:00
警備艇始業点検、整備、給油
11:00
書類作成
12:00
休憩
13:00
巡視活動
16:00
警備艇終業点検、整備、給油
16:30
書類作成、清掃
17:15
退庁
19:00
夕食
20:00
フィットネスジム
22:00
帰宅
23:00
就寝

PROFILE

東京湾岸警察署 水上安全第三係 主事

平成27年(2015年)
入庁 東京湾岸警察署へ卒業配置 現職