Metropolitan Police Department

先輩の声

交通警察

第九方面交通機動隊 第四中隊 巡査長

悲惨な事故を
防止する
白バイの機動力。

入庁の経緯と現在の仕事

中学生のときに、パトカーに乗って交通違反者の取締りに従事する警察官の姿を見て、憧れを抱いたのがきっかけでした。県警や海上保安庁等にも合格しましたが、警察官になるからには首都である東京で勤務し、この国から犯罪や事故を減らしたいと思い、警視庁に入庁することを決めました。現在は、第九方面交通機動隊の一員として、事故のない首都・東京を実現するため、白バイの機動力を活かした交通違反の指導取締りに従事するほか、若手隊員の指導育成も担当しています。

担当業務のやりがい

交通違反の取締りでは、違反者に対し、どんなに些細な違反でも重大事故につながりかねないことを誠実に粘り強く説明し、交通違反の危険性を理解してもらうよう努めています。違反者から、「これからは運転に気を付けます」と理解を示してもらえたり、地域住民から「パトロールありがとう」などの感謝の言葉を掛けてもらえたときには、大きなやりがいを感じます。また、原付バイクが故障して困っている高齢の女性を助けたところ、後日感謝の手紙をいただいたときには、警察官として困っている人を助けることができたことを実感し、うれしく思いました。

仕事をする上で
大切にしていること

白バイ隊員は、常に危険と隣り合わせで仕事をしています。自分が事故に遭わないためにも、日々運転技術を向上させるとともに、白バイのサイレンや赤色灯を過信せず、安全を第一に考えどのような状況であっても冷静に判断するよう心掛けています。また、交通違反の取り締まりをする際には、違反者に落ち着いて話を聞いてもらえるよう、言葉遣いや態度にも気を付けています。

これからの目標

悲惨な交通事故をなくし、「世界一の交通安全都市・東京」を実現するため、これまで私が培った白バイ乗務員としての技能や経験、知識をしっかりと若手隊員に伝えていきたいです。また、交通およびそれ以外の法律知識を更に深め、どのような事案にも臨機応変に対応できる警察官になりたいと考えています。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール

6:00
起床、朝食
8:30
出勤 指示、ミーティング、準備
9:00
交通の指導取締り
12:00
休憩
13:00
交通の指導取締り
15:30
帰庁、書類整理、車両整備
17:00
指示、ミーティング
17:15
退庁
18:30
帰宅
19:00
夕食
20:00
テレビ・映画鑑賞、昇任試験勉強等
23:00
就寝

PROFILE

第九方面交通機動隊 第四中隊 巡査長

平成20年(2008年)
入庁
平成21年(2009年)
福生警察署へ卒業配置 地域第二係
平成23年(2011年)
留置係
平成24年(2012年)
交通執行係
平成26年(2014年)
現職