先輩の声

経験を生かせる警視庁の仕事

警視庁で活躍する転職者

警視庁には様々な業界から転職して警察官として活躍している先輩が多くいます。
何がきっかけで警察官にキャリアチェンジしたのか?
現在はどのような活躍をしているかなどを語ってもらいました。

豊富な海外経験と
柔道の力を発揮し、
国民を守る。

西新井警察署 地域第二係 巡査長

前職と入庁の経緯を教えてください。

大学卒業後は、フランスの町道場で、5歳から70歳くらいまで約500名の方に対し、柔道や総合格闘技などを指導していました。またフランス各地や他国で開催される柔道教室の講師として最大300名を指導したこともあります。そんなフランス在住時に大規模なテロが発生し、国家そのものが危機的な状況に陥る姿を目の当たりにしました。学生時代から柔道一筋で武道に関わる仕事に就きたいと考えていましたが、「日本がこのような事態になってはならない」と強く思い、多くの人を守るために働こうと心に決め、警察官を志しました。

現在の担当業務とやりがいは何ですか。

交番に勤務する地域警察官として、110番通報への対応、職務質問、交通違反の取締りなどに従事しています。地域住民と接する機会が多いこともあり、住民からの期待や信頼に応えられるように努めています。地域の方々から温かい激励の言葉を掛けてもらったり、制服姿の私を見て子供たちが手を振ってくれたりすると気が引き締まります。地域と密接な関係を築くことは一朝一夕では叶いませんが、感謝の言葉をいただいたときは大きなやりがいを感じます。

仕事をする上で大切にしていることは。

私は、柔道を通じて技を極めるだけでなく、多くのことを学んできました。特に大切にしているのは、心構えとしての「柔らかな道」です。実直に突き進むだけでなく、時には相手に対して柔軟に応じていくことは、試合以外にも様々な場面で役立ちます。多くの住民と触れ合う警察官の仕事において、柔軟な姿勢や考え方はとても大切です。私自身一人の国民として、同じ国民のために奉仕する精神を大事にし、警察官として、どのような状況でも柔軟に対応し、犯罪を抑止することで安全・安心を守っていきたいと考えています。

これからの目標はなんですか。

首都・東京では、日々様々な出来事が起きています。私にとってこれほどの経験を積める環境はありがたく、警察官の仕事はとてもやりがいがあると感じています。今後は、これまで培ってきた柔道の指導者経験を生かし、いずれは術科訓練の指導者を目指したいと考えています。私には海外での指導を通じて、職業や年齢、人種、国籍、宗教などが異なる多様な人たちとも接してきた経験があります。地域警察官も多くの人のために尽くす仕事ですので、これからも地域の住民一人ひとりに寄り添った丁寧な対応を心掛けていきたいです。

転職希望者の方への
メッセージをお願いします。

警察学校入校時には、他の同期よりも年齢が高いことに多少の戸惑いを感じましたが、すぐに打ち解け、入校中の術科の授業ではリーダーシップを発揮しながら同期の絆を深めることができました。転職をする際は、不安に感じることも多いと思いますが、これまで培ってきた能力と、積み重ねてきた経験を自信に変えれば、きっと入庁してからも現場で活躍できるはずです。

平成29年(2017年)
入庁 西新井警察署へ卒業配置 現職
開閉ボタン

営業経験を生かし、
丁寧で分かりやすい
対応を心掛けています。

高輪警察署 交通総務係 巡査長

前職と入庁の経緯を教えてください。

前職は保険会社に勤めていました。営業担当として企業や官公庁に勤める方に保険商品を紹介するほか、保険勧誘のキャンペーンや社員の採用活動などにも取り組んでいました。転職のきっかけとなったのは警察官との出会いでした。ある警察署を担当することになり、そこで働いている警察官と交流する中で優しく声を掛けてもらえる機会が多くなり、警察官の方々の人柄や魅力に触れたことで、「一緒に働いてみたい」と思うようになりました。そこで、「1年以内に転職する」と心に決め、専門学校に入学して効率良く学び、志望していた警視庁に合格することができました。

現在の担当業務とやりがいは何ですか。

私は現在、交通総務係で運転免許証の各種手続や車庫証明などの窓口業務を担当しています。また、交通安全運動などにおける事故防止啓発活動や学校を訪問して交通安全教育を行っています。交通事故は、誰もが加害者や被害者になる可能性があります。だからこそ、私たちが交通ルールの大切さを呼び掛けることで、一件でも事故を減らしたいと思っています。交通総務係の仕事では、多くの方々と言葉を交わす機会がありますが、特に印象に残っているのは、交通安全キャンペーンで一日署長をゲストに招き、イベントを開催したことです。このイベントで私は司会を担当し、進行を任せていただいたことで、多くのことを学びながら新たな経験を積むことができました。

仕事をする上で大切にしていることは。

運転免許更新の窓口業務では、こちらから一方的に説明をするのではなく、相手に理解してもらえているかどうか確認しながら話すよう心掛けています。警察学校の教官に教わった「元気良く動く」「丁寧な仕事をする」といった基本を大事にすることに加え、前職の営業経験で培った丁寧な言葉遣いや、どんな相手にも合わせて説明できる力を生かしています。入庁して実感したのは、警察官は決して特別な存在ではないということです。都民と同じ目線に立ちながら、「誰かのためになる仕事をしたい」という熱意を持ち、一人ひとりが真剣に仕事と向き合っています。そんな環境の中で自分自身も日々成長できていると実感しています。

これからの目標はなんですか。

現在の目標は、大型イベントでの警備に従事し、自分の声で雑踏事故を防止する機動隊の警備広報係員になることです。私は広報技能検定中級の資格を取得していますので、これからは上級の取得を目指し、多くの人を安全に誘導できる力を身につけたいです。また、趣味で阿波踊りをやっていますが、お祭りやパレードなど路上で演舞するためには、警備にあたる多くの警察官の力が欠かせません。そのような催事や日常生活の場においても一人でも多くの都民の安全・安心を守る存在でありたいと思っています。

転職希望者の方への
メッセージをお願いします。

警視庁警察官の採用試験は35歳まで受験可能であり、試験は年度内に3回実施されますので、自分のペースで試験に臨むことができます。警察学校に入校する前は、現役の学生だった人と共同生活ができるのか不安もありましたが、私のように民間企業で社会人経験を積んで転職する人も多くいますし、警察学校ではみんな同時にスタートを切りますので、何も心配はありませんでした。規則正しい生活が身につき、同じ目標を持った同期がいることで、どんなことでも乗り越えられました。警視庁には多くの出会いと、毎日成長できる環境があります。これから受験される皆さんと一緒に働ける日を楽しみに待っています。

平成29年(2017年)
入庁
平成30年(2018年)
高輪警察署へ卒業配置 地域第四係
令和元年(2019年)
現職
開閉ボタン

粘り強く努力を
積み重ねることで
必ず道は拓かれる。

第八方面自動車警ら隊 第三中隊 巡査長

前職と入庁の経緯を教えてください。

大学からボクシングを始めて半年でプロテストに合格しましたが、プロボクサーとしては2勝2敗の成績でした。現役を続けることも考えましたが、家族とも話し合って大学卒業後は機械製品を扱う商社に入社し、営業担当として5年間務めました。警察官になったきっかけは、警視庁の採用広告を新聞で見掛けたことでした。子供の頃から警察官に憧れもありましたが、自分が公務員試験に合格する姿は想像すらつきませんでした。そんな中、警視庁警察官の採用試験ではプロボクサーとしての実績を評価してもらえることを知り、「公務員試験も、ボクシングのように努力すれば突破できるかもしれない」と思い、仕事を続けながら勉強に取り組んだ結果、警察官になる夢を実現できたのです。

現在の担当業務とやりがいは何ですか。

地域警察官として交番に勤務していた頃から、職務質問によって犯罪の芽を摘み取る大切さを実感していました。そこで、職務質問の精鋭が集まる自動車警ら隊への配属を目標として日々の職務に励み、技術を学びながら実績や経験を積みました。その目標が叶い、現在は自動車警ら隊の一員として業務に従事しています。隊の仲間と共に職務質問の技術を磨き合い、切磋琢磨しながら経験を積めることが私にとって大きなやりがいです。そして、事件が発生したときは全員が協力し合い、チーム一丸となって事件を解決する今の仕事に誇りを感じています。

仕事をする上で大切にしていることは。

職務質問にご協力いただく方の多くは、善良な方ばかりです。常に敬意を持って接し、相手によっては世間話を交えながら同じ目線に立ったコミュニケーションを大切にしています。また、職務質問では些細な動作でも見逃さないことが重要です。あるとき日中にバス停で若い男性が立っていたのですが、スーツの着こなしに少し違和感を感じました。そこで声を掛けて所持品を検査したところ、振り込め詐欺に使うすり替え用のキャッシュカードを所持しており、特殊詐欺の受け子であることが判明したのです。私も民間企業に勤めていた頃は毎日スーツを着ていましたので、その経験が事件の解決に役立ちました。

これからの目標はなんですか。

警視庁には犯罪の芽を摘む「眼力」を持った職務質問のエキスパートといえる先輩職員がいます。彼らから技術を学び、日々、向上心を忘れずに職務質問の技術を磨いていきたいと考えています。そして、職務質問の技術を磨き、経験を積み重ね、いずれは警視庁を背負っていける警察官になることが目標です。また、後輩にも私が培った職務質問の技術を伝えられるよう、これからも技術の向上に努めていきます。

転職希望者の方への
メッセージをお願いします。

私は、ボクシング、会社勤め、公務員試験、そして警察官になってからも、常に粘り強く努力することを大切にしてきました。これから警察官を目指す方も、諦めずに努力し続ければきっと成し遂げられるはずです。私が警察学校に入校したのは26歳でしたので、年齢差などの不安もありましたが、入校当日にはすぐに解消しました。一度入校すれば同期の仲間としてお互いに助け合うことになるからです。私にはプロボクサーとしての経験があるので、相手との間合いの取り方を生かした逮捕術が得意でしたが、柔道は苦手だったので同期の得意な仲間から教わっていました。年齢や社会経験など関係なくお互いの強みを生かし、教え合いながら警察官として成長することができます。

平成20年(2008年)
入庁 小平警察署へ卒業配置 地域第四係
平成22年(2010年)
警務係
平成23年(2011年)
暴力犯捜査係
平成24年(2012年)
地域第二係
平成26年(2014年)
福生警察署 地域第四係
平成29年(2017年)
現職
開閉ボタン
  1. 採用サイトTOP
  2. 先輩の声
  3. 経験を生かせる警視庁の仕事