先輩の声

地域警察

三鷹警察署
地域第二係
巡査長

強さと優しさを備えた
女性警察官として
地域の安全・安心を守る。

誰かのために必死になれる日を送る


三鷹警察署
地域第二係
巡査長
平成29年
(2017年)
入庁 三鷹警察署へ卒業配置 現職
令和元年
(2019年)
警視庁鼓隊 兼務

入庁の経緯と現在の仕事

子供の頃に公然わいせつの現場を目撃し、ショックで誰にも相談できずにいました。私の異変に気づいた母親が「何かあったの?」と尋ねてくれたおかげで打ち明けることができたのですが、同じ女性だからこそ話せたのだと思います。その経験から、私と同じように怖い思いをした人を女性警察官として守ることができる「さくらポリス」という職種がある警視庁を志望しました。私は現在、地域警察官として防犯活動や110番通報を受けた現場臨場、遺失届・拾得物の受理や地理案内などに従事する一方で、警視庁鼓隊として様々なイベントでの広報活動に取り組んでいます。

担当業務のやりがい

都民の方々から感謝の言葉をいただいたときにやりがいを感じます。110番通報を受けて、自宅に戻らない少女の捜索を行ったことがありました。複数の警察官で探してもなかなか見つかりませんでしたが、夜中の12時頃にようやく情報と合致した女の子を発見しました。「家に帰りたくない」と頑なに話す少女に対し、「おなかは空いてない?ご飯は食べた?」など親身に接することで心を開いてもらうことができ、無事に家族の元へ送り届けました。ご両親の安堵した顔を見た時は、発見できて本当によかったと実感しました。

仕事をする上で
大切にしていること

どんなときでも相手の気持ちを考えて行動することを大切にしています。「女性がマンションから飛び降りようとしている」との通報に臨場した際は、大声で泣き叫んでいる女性に刺激を与えないよう、時間をかけて優しく語りかけ、相手の心に寄り添うことで徐々に女性を落ち着かせ、その場を収めることができました。このように無事に任務を果たせることもありますが、取扱いの中で反省点が生まれることもあります。その反省を次に生かしながら、強さと優しさを持った警察官を目指して日々業務に取り組んでいます。

これからの目標

自らの手で子供や女性の安全・安心を守るために、生活安全特別捜査隊のさくらポリスになることが目標です。生活安全課員と共に繁華街の保安活動を経験し、被害を未然に防ぐ仕事がしたいという気持ちが更に強くなりました。目標に向けて、どんなことにも積極的にチャレンジしていきたいと考えています。

TIME TABLE
ある1日のスケジュール

6:00
起床、朝食
7:20
早朝術科訓練
8:30
出勤、訓授、指示連絡
9:30
交番勤務
(地理案内、交通違反取締りなど)
12:00
休憩
13:00
交番勤務
(巡回連絡、110番臨場など)
16:00
交替
16:30
帰署、指示連絡
17:15
退庁
18:30
帰寮、夕食、トレーニング(ランニング、筋トレ)、洗濯
21:00
テレビ鑑賞、勉強など
23:00
就寝