採用情報

教えて!

先輩の試験対策

警察官・警察行政職員になるためには採用試験に合格しなくてはなりません。
さて、先輩たちはどのように試験対策に取り組んできたのでしょうか。
皆さんが合格するためのヒントがきっと見つかるはずです。

1次試験のために公務員対策講座を受講しましたか?

[警察官]

受講しませんでした。警視庁には高校や大学の先輩方が何名かいましたので、勉強の方法などを教えていただきました。
西新井警察署 地域第二係
市販の公務員試験用の過去問題集をしっかり勉強すれば十分だと思ったので、特に受講しませんでした。1次試験の半年くらい前から問題集をやり始めました。
サイバーセキュリティ対策本部 企画担当
自分の勉強方法だけでは不安があったので大学3年の夏頃から受講しました。また、周囲に受講している人が多く、1年前に入庁した先輩からも勧められたからです。
生活安全総務課 生活安全対策第三係
資格学校の受験対策コースを受講しました。勉強が苦手で何から始めてよいか分からなかったことと、効率良く結果を出したかったからです。
高輪警察署 交通総務係

[警察行政職員]

大学が主催する公務員対策講座を受講していました。警察行政職員の採用試験では専門分野の試験範囲が広いため、独学で勉強を行うのが難しいと考えたからです。
本富士警察署 会計厚生係
部活やサークルに所属しており公務員試験対策の塾に通えなかったため、大学の講座を利用していました。
大森警察署 警務係
公務員対策講座などは利用しませんでした。自分のペースを保ち、自分に合った勉強を行いたいと考え、独学で試験勉強をしました。
交通規制課 安全施設係

1次試験のためにいつ頃から勉強を始めましたか?

[警察官]

高校3年の6月下旬まで部活に打ち込んでいましたので、本格的に勉強を始めたのは3年生の7月からです。ただ、その前から公務員試験の雰囲気を知ろうと、高校2年の冬からは部活が休みの日に公務員試験講座を受講していました。
第四機動隊 広報係
大学2年の後期あたりから問題集を購入し、勉強し始めました。大学3年になってからは大学で実施していた公務員講座を毎週2回受講し、自宅での勉強も本格的に始めました。
小平警察署 盗犯第二係
部活の大学選手権後となる大学3年生の12月から公務員対策講座に通い始めました。
警護課 総理大臣官邸警備隊第一中隊
試験の半年前から、通学中の電車の中で参考書や新聞を読み始めました。
第八方面自動車警ら隊 第三中隊

[警察行政職員]

試験の9か月前から、効率的に学習するために公務員予備校に通いました。
装備課 被服第一係
民間企業で正社員として働いていましたが、警視庁を受験する半年前くらいから過去問を中心に勉強を始めました。
東京湾岸警察署 水上安全第一係
試験の一か月ほど前からです。一般企業への就職活動や大学院受験もしており、SPIの対策や法律の勉強はしていたので、その知識が役立ちました。
広報課 広報第三係

1次試験のために主にどのような勉強をしましたか?

[警察官]

参考書を繰り返し解き続けていました。論文はできるだけ多くの人に見てもらうことや、漢字練習は毎日行い、単語カードを使って電車内で復習していました。
三鷹警察署 地域第二係
数的処理やミクロ経済など、市販の参考書を分野ごとに購入して繰り返し解きました。また、漢検のドリルも解いていました。特に数的処理、判断推理、文章理解資料解釈は解き方を覚えれば確実に点数が取れるので、数多く解いて自信をつけました。
生活安全総務課 生活安全対策第一係
数的処理を中心とした過去問を早く解く訓練を、毎日のノルマを決めて繰り返し行いました。一般教養はある程度の分野を決めて、あらかじめ知識のある得意な分野を重点的に行いました。
生活安全総務課 生活安全対策第三係
一次試験対策のためにとにかく問題を反復して行いました。特に判断推理、数的推理など、試験当日にその場で解く問題をいかに多く取れるかが一次試験突破の鍵だと思います。
組織犯罪対策第四課 第一暴力犯捜査第二係

[警察行政職員]

専門試験対策を重点的に行いました。技術職公務員向けの参考書にある問題をひたすら解き進めました。
情報管理課 開発企画係
専門試験(論文)対策として公開されている過去問を解きました。また、苦手な分野については参考書を使って知識を補うようにしました。
少年育成課 大森少年センター
教養科目に関しては主に過去問を利用し、本の中で最も古い年次の問題を何度も繰り返し行いました。一定の点数が取れ、十分に理解したと判断したときには次の年次の問題を行うという方法を最新の年まで繰り返しました。技術系の勉強に関しては、様々な内容が網羅されている一冊の参考書を何度も繰り返し読みました。
交通規制課 安全施設係

1次試験のためにやっておいた方がいいことは?

[警察官]

過去問を解くことで傾向と対策をつかむことができます。また、論文集を作っておいたので、どのようなテーマが出されても対応することができました。
第八自動車警ら隊 第二中隊
過去問を数年分振り返ると共通している問題や傾向が何となく見えてきますので、その問題の解き方は確実にしておくことや、実際に模擬試験を受けて時間配分を考えておいた方がよいと思います。
世田谷警察署 知能犯捜査係
過去問からの数的処理や漢字の勉強は必要だと思います。また、採用試験では様々な資格経歴も評定されますので部活動などを全力で行い、各大会で結果を残すことや精神面・体力面を鍛えることも大切です。
警護課 総理大臣官邸警備隊第一中隊
自分が納得いくまで勉強をし続けることです。いくら模試で良い点数だったとしても自分を過信することなく続けてください。練習より本番の成績が良い人はほんの一握りですので、モチベーションを保ちつつ努力をしてほしいと思います。
三鷹警察署 地域第二係
過去問を解いていくうちに、問題を見て答えがすぐに分かってしまうようであれば、今度は逆に「答え」を見てその答えに対する問題がどんな内容かを当てるなど、やり方を変えてみるのもいいかと思います。
赤羽警察署 強行犯捜査係

[警察行政職員]

早い段階で分からない問題に見切りをつけて得意分野に時間をかけるなど、実際に過去問を解き、論文を書くことで試験時間のペース配分を確かめるとよいと思います。
本富士警察署 会計厚生係
問題集を繰り返し勉強することも必要ですが、試験に備えて体調を整えることも大切です。
航空隊 整備班
時間内に長い文章を書く必要があるため、あらかじめ文章を考えておき、時間内に書ける練習をしておいた方がいいと思います。手書きで自分がどのくらいの量を書けるのか把握しておくことも大切です。
大森警察署 警務係

2次試験のために何か対策はしましたか?

[警察官]

体力試験のために日頃からコツコツとジョギングや筋力トレーニングを行ったことで自然に体力面の不安がなくなりました。また、面接対策の本を購入し、学校の先生に面接の練習に付き合っていただきました。
交通捜査課 交通鑑識第二係
体力試験に関しては、ふだんからトレーニングをしていたことから自信があったので特別な対策はしませんでした。面接試験に関しては、まず自己分析をしっかりとした上でイメージトレーニングを重ね、質問事項を想定して自室の鏡の前で一人練習していました。また、新聞を読む癖も付けました。
世田谷警察署 知能犯捜査係
朝から夕方までは大学の図書館で勉強し、夕方からはスポーツジムで運動をしました。勉強と運動を両立することでリフレッシュしながら対策ができました。
生活安全総務課 生活安全対策第一係
勉強だけではなく、私生活の中において面接で話題にできるような、人と違う「自分だけの特別な体験」をしておくことです。私はブラスバンドや演劇美術、絵を描く活動などに参加しました。
福生警察署 強行犯捜査係
学校の先生に面接の練習に付き合っていただきました。特に1次試験の論文で書いた「どんな警察官になりたいか」をしっかりと意識しながら取り組んだので、2次試験の面接試験の際にもスムーズに答えることができました。
第四機動隊 広報係

[警察行政職員]

最低限の時事問題を把握するようにしました。新聞を読んだら、それについてどのような意見を持つ人がいるのか、どの点が問題になるのかなどを確認するようにしていました。面接でも作文でも「どう思うか」「どうしたらいいか」を聞かれることが多いので、ふだんから自分なりの考えをまとめておくことでスムーズに対応できると思います。
広報課 広報第三係
面接対策の本を読みました。また、自分の研究内容や警視庁を志望する理由について整理しておくことで自らの考えを伝えられるように準備をしました。
少年育成課 大森少年センター
面接対策の教本を読み込んだことで、「試験官はその質問により私のどのような面を知りたいのか」など、自分の受け答えだけではなく質問者の目線に立つことを意識するようになりました。質問者の意図をくみ取った上で回答を考える癖がついたため、その点がとても役立ったと感じています。
交通規制課 安全施設係

これから勉強する方へメッセージをお願いします。

[警察官]

受験勉強を始めるとプレッシャーや不安で押し潰されそうになることもあると思いますが、あなたは一人ではありません。これから警視庁を受験するすべての受験生が同じ気持ちで勉強しています。将来、自分が警察官として仕事しているイメージをモチベーションにして、自分に負けることなく頑張ってください。
三鷹警察署 地域第二係
合格が発表されるまでの期間、様々な試験対策や勉強によって体力的にも精神的にも厳しさを感じる方もいると思います。けれども、努力すれば必ず結果は報われますので最後まで諦めずに頑張ってください。
北沢警察署 地域第四係
「自分は勉強ができない」と諦めないでください。警視庁に入庁するために、どのように試験勉強や生活に取り組んできたかが重要だと私は考えています。あなたと一緒に勤務できる日が来るのを心待ちにしています。
西新井警察署 地域第二係
警察官になることよりも、警察官として生きていくことの方が大変です。試験対策も重要ですが、「なぜ自分が警察官になりたいか」「どのような警察官になりたいか」「警察官になってどんな仕事をしたいのか」ということを明確にしておくことが何より大切です。
犯罪抑止対策本部 統計担当
勉強も大切ですが、いろいろな業種や仕事を知って視野を広げることも大切です。遠回りのようですが、「どう働きたいか」という自分の気持ちを明確にすることで頑張れると思います。
企画課 被害者相談係
希望の職種を見つけることができるのも警視庁であり、努力によりその希望を叶えることができるのも警視庁です。自分にあるチャンスを逃さないように、まず一歩を踏み出してください。一緒に仕事ができることを期待しています。
第八方面交通機動隊 第四中隊
警察官になりたいと思ったきっかけは様々だと思います。試験勉強に取り組む中でつまずいてしまうこともあるかもしれませんが、「どうしても警察官になりたい」という強い気持ちを常に心に抱き、頑張ってください。
第四機動隊 広報係
「受験勉強を始めるのが遅い」と諦める必要は絶対にありません。部活動など、これまで自分が全力で打ち込んできたことがあれば、誇りを持ってその経験をアピールしてください。公務員試験や、またその先の警察官の仕事に必ず生かすことができます。
警護課 総理大臣官邸警備隊第一中隊
自分が合格した時に家族が喜んでいる姿や、自分が制服を着ている姿をイメージしながら勉強することで勉強に身が入り、目標を持って持続的に勉強することができます。常に良いイメージを持って勉強に臨んでください。
鑑識課 現場写真係

[警察行政職員]

勉強を始めた頃は出題範囲の広さに不安を感じるかもしれませんが、繰り返し問題を解くことで傾向がつかめて自信もついてきます。合格後の自分を想像してモチベーションを高めながら諦めずに頑張ってください。
装備課 被服第一係
試験勉強は分からないことも多く、不安になることもあると思います。そんなときは、説明会や職場の見学会などに参加し、積極的な質問や情報収集を行った方がよいと思います。きっと受験に対する不安を払拭することができ、モチベーションの向上や自信にもつながります。新たな仲間として一緒に働ける日を心待ちにしています。
航空隊 整備班
不安に感じることはたくさんあると思いますが、自分を信じて頑張ってください。優先順位をはっきりさせて必要なことから取り組むといいと思います。まだまだ時間はありますので、自分のペースで焦らず頑張ってください。
大森警察署 警務係
試験本番では最後まで諦めずに考え、解答欄を埋める姿勢が必要だと思います。心より応援しています。
少年育成課 大森少年センター
何事も遅いということはありません。ぜひ、受験前に採用説明会に参加して自分が働いている姿を想像してみてください。きっと今後のモチベーションにつながるはずです。
東京湾岸警察署 水上安全第一係