先輩の声

警察署・事務

杉並警察署 警務係 主事

署員が都民のために全力を注げる職場をつくる。

入庁の経緯と現在の仕事

高校時代に、友人が電車内で痴漢の被害に遭ったことを聞き、友人と同じような被害者を出さないために自分も何か力になりたいと思い、首都の安全・安心を守っている警察官を支える仕事をしたいと思ったのが入庁の理由です。警務係は、警察署の運営、人事、衛生管理、公務災害、犯罪被害者支援、犯罪統計、広報、広聴を担っており、警察署運営に関わる「人」を支えています。現在、私は、全職員の勤務管理をはじめ、通勤、住居手当といった支給金事務、警察署の窓口対応業務のほか、警察署ホームページの作成といった広報業務も担当しています。

担当業務のやりがい

管理部門の一員として、署員が職務に専念できる働きやすい環境をつくることで、間接的に都民の役に立てることが警務係の魅力です。また、受付での窓口業務は、「署の顔」として都民と直接触れ合える仕事です。不安な表情で警察署を訪れた方が、「すぐに対応してくれてありがとう」と晴れやかな顔で署を出て行かれる様子を見ると、不安を取り除いたのは私の力ではありませんが、その一翼を担っていることに誇りと大きなやりがいを感じています。

仕事をする上で
大切にしていること

「電話が鳴ったら迅速に対応する」「窓口で待っている人や困っている人がいたら積極的に声を掛ける」など、常に相手の目線に立ちながら気遣いと心配りを忘れないよう心掛けています。受付窓口は同じことを繰り返す業務になりがちです。しかし、警察署を訪れることが初めての方も多くいることから、一人一人に対して明るく丁寧に、真剣に耳を傾けながら対応することを大切にしています。署員に対しても何かをお願いされてから行動するのではなく、署内の情報収集を常に欠かさず、自ら気付き、先回りして行動に移すようにし、都民からも署員からも頼られる存在でありたいと考えています。

これからの目標

担当業務は多岐にわたることから、まだ覚え切れていないことは資料を読み返す、それでも分からないことは上司や先輩に伺い、本部に確認することもあります。業務をもっと広く深く知ることで、質問を受けた時にはすばやく的確に回答できるようになることが目標です。警視庁は大きな組織であり、幅広い仕事に携わることができます。まだ私は異動を経験していませんが、警察署全体の動きを把握できる警務係の仕事を通じて、将来的に自分に合った職種・業務を見つけていきたいです。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール

8:30
出勤 勤務入力、書類作成、電話対応
10:00
本部からの重要文書確認
12:00
窓口での受付業務
13:00
休憩
14:00
本部からの重要文書確認、
警察署ホームページの作成・更新
16:30
事務手続のまとめ、
署の行事や予定の把握など
17:15
退庁

PROFILE

杉並警察署 警務係 主事

平成29年(2017年)
入庁 杉並警察署へ卒業配置
現職
  1. 採用サイトTOP
  2. 先輩の声
  3. 警察署・事務