先輩の声

通訳

教養課 通訳第二係 主事

捜査員と一体となって
外国人が関わる事件に挑む。

入庁の経緯と現在の仕事

台湾留学で磨いた中国語のスキルを活かせる仕事を探していたところ、警視庁では新卒でも通訳の仕事ができることを知り、自分のスキルを世のため、人のために活かすことができるのではないかと挑戦する気持ちで入庁しました。現在は、警察業務における中国語の通訳や翻訳を担当しています。外国人からの110番通報、交番や警察署を訪れた外国人の電話通訳を行い、外国人が関わる事件の捜査や取調べでは通訳として現場へ臨場します。また、SNSなどに中国語で書き込まれた事件の捜査に関わる資料の翻訳も行っています。

担当業務のやりがい

日本の首都であることから東京には在日外国人、訪日外国人の数がとても多く、毎日何かしらの通訳業務に携わっています。「落とし物をした」「子供が迷子になった」と交番を訪れる外国人観光客も年々増加しており、電話を介した通訳によって「助かりました。ありがとう」と感謝の言葉をいただくことも多くあります。自分の通訳が事件解決につながった時には、役に立てた喜びを実感することができます。

仕事をする上で
大切にしていること

事件現場の立会い、被疑者の検挙、取調べに赴く時には、事前に「今回はどのような事件で、どんなことを聞きたいか」を捜査員と入念に打合せをした上で通訳に臨みます。日本語特有の曖昧な言い回しは、外国人に伝わらないおそれがあります。質問したい内容を事前にすり合わせることで、捜査員と外国人双方のコミュニケーションが円滑に進むように心掛けています。また、通訳した内容はそのまま捜査にも影響することから、双方の発言の真意を毎回理解し、間違っていないか念入りに確認をしながら通訳をしています。

これからの目標

偽装結婚、オーバーステイ、詐欺、薬物事件など、通訳する案件は毎回異なります。専門用語も多くなるため事前準備をした上で通訳に臨んでいます。入庁して間もない頃は不安もありましたが、語学スキルの高い先輩方がバックアップしてくれたので、安心して業務に専念することができました。これからも様々な事案の通訳に挑戦していくことで経験を積み、通訳スキルを向上させていくのが目標です。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール

8:30
出勤 通訳センターにて電話通訳、翻訳等に従事
12:00
休憩
13:00
警察署へ移動
14:00
警察署到着後、
取調べ室にて事件捜査の通訳業務に従事
16:20
帰庁、通訳センターにて翌日の派遣通訳の準備
17:15
退庁

PROFILE

教養課 通訳第二係 主事

平成28年(2016年)
入庁 教養課へ卒業配置
現職