先輩の声

交通警察

交通捜査課 交通鑑識第一係 巡査長

緻密な捜査によって
わずかな痕跡を見逃さず
事故や事件の真実を暴く。

入庁の経緯と現在の仕事

きっかけは、中学時代の職場紹介授業でした。制服姿の警察官を初めて間近で見た時に「かっこいい!」と憧れました。当時の私は、警察官=男性のイメージしかありませんでしたが、警視庁には現場で活躍している女性警察官も数多くいることを知り、自分も人の役に立つ仕事がしたいと入庁しました。現在、私は交通捜査課の一員として、死亡事故やひき逃げ事件といった重大交通事故発生時における現場鑑識活動を行っています。現場や車両に残されている痕跡を見つけ出し、事故状況の解明のほか、ひき逃げ事件などの被疑車両の特定捜査をします。

担当業務のやりがい

ひき逃げ事件や、何台もの車が関与している多重事故、ニュースに取り上げられるような大きな事故など、難解な交通事故・事件の解明に携わることができ、物的証拠の解析により真実を見出すことができるのが大きなやりがいです。ある重傷ひき逃げ事件で臨場した際は、現場から逃走した運転手を特定しましたが、事故に関して否認していました。しかし、痕跡の状況を一つずつ説明すると運転手は事故を認めました。ひき逃げは絶対に許されない行為です。被害者のためにも被疑者を見つけて検挙した時は、この仕事をやっていてよかったと感じます。

仕事をする上で
大切にしていること

警視庁には、様々な事案に対応するための各種資器材や画像解析システムなどが充実しており、これらの道具を駆使して難解な交通事故・事件を解析します。痕跡は時間が経てば消えてしまうおそれがあります。現場に残されたミリ単位のわずかな痕跡が事故の解明や被疑者特定につながることもあるため、決して見逃すことはできません。緻密さが求められる捜査ですが、被害者のためにも諦めることなく、全力で交通鑑識活動に取り組んでいます。

これからの目標

被害者のためにも、ひき逃げ事件の「逃げ得」は絶対に許せません。そのためにも、被疑者が言い逃れできない痕跡や証拠を見つけ出し、真実を解明するために日夜励んでいます。私は今、交通鑑識係の一員として日本トップクラスの交通鑑識のスペシャリストの方々と一緒に仕事をさせていただいています。先輩方から一つでも多くのことを吸収し、警視庁交通鑑識の名に恥じぬよう、これからも一生懸命仕事に取り組みたいです。

TIME TABLE

ある1日のスケジュール

8:30
出勤 指示・連絡
9:00
書類作成 衝突状況解析・実況見分調
書など
12:00
休憩
13:00
書類作成
13:30
交通事故現場における鑑識活動
16:30
書類作成
17:15
退庁
18:00
外食
21:30
帰宅
23:00
就寝

PROFILE

交通捜査課 交通鑑識第一係 巡査長

平成21年(2009年)
入庁
平成22年(2010年)
高輪警察署へ卒業配置
平成23年(2011年)
交通執行係、交通総務係
平成26年(2014年)
交通捜査係
平成28年(2016年)
現職