プロジェクトストーリー

職種紹介

Professional Episode01

来日する外国要人を
最強の警備で守れ。

平成29年11月5日から7日にかけて、アメリカ合衆国大統領トランプ夫妻一行が
公式実務訪問賓客として来日。
北朝鮮の核開発および弾道ミサイルの発射などで朝鮮半島の緊張が高まっている中、
来日に伴いテロ、ゲリラなどの事件が発生する懸念があった。
そのため、外国要人来日警護警備として警視庁で過去最大規模となる、
全部署を横断した「オール警視庁」で警備に臨むこととなった。

PROJECT MEMBER

  • 警備部警備第一課
  • 警備部警護課
  • 初動捜査部隊
    (刑事部)

01

「時間」との戦い。

「アメリカ合衆国トランプ大統領の来日が11月に決定」。その一報を受け、警視庁は直ちに警備対策委員会を設置して警備方針を定めるとともに警備計画を策定する警備事務局を立ち上げた。通常、アメリカ合衆国大統領の来日ともなれば、最低でも半年の準備期間を要する。しかし、今回の来日は急遽決まったため、準備期間はわずか2か月しかなく、さらには、大統領滞在中のスケジュールもなかなか決まらない中、警備事務局は、あらゆるケースに対応できるよう、不眠不休で警備計画を複数策定した。また、警視庁警護課・通称SPは、大統領の警護についてアメリカ合衆国のシークレットサービスとの連携を図るため、警察庁や外務省を通して、国家の壁を越えた警護計画を練り上げた。

02

「オール警視庁」で
警備に臨む。

警視庁では都内全域に過去最大規模となる厳重な警備体制を敷いた。
機動隊員や各署の地域課員、警備課員はもちろん、ふだん交通取締りや事件捜査に当たる交通課員、刑事課員らも動員し、空港や駅、繁華街などの人が多く集まる場所を中心に不審者、不審物の検索を行った。また、爆発物や銃器を探知する警備犬をはじめ、上空の警戒を行う航空隊、重要インフラへのサイバー攻撃に備えるサイバーセキュリティ部隊など、過去最大級の部隊を動員し、文字通り「オール警視庁」で警備に臨み、一分の隙も見せない警戒警備を徹底した。こうした万全の状態で迎えた平成29年11月5日、アメリカ合衆国トランプ大統領が来日した。

03

都内全域における
厳重な警備体制

アメリカ合衆国トランプ大統領の来日期間中、さらに多くの警察官を動員し、都内の警備体制をより一層強化した。中でも要人警護を任務とするSPは、一瞬の油断で即、要人の生命に関わる事態を招いてしまうという重圧の中で、あらゆる事態に備えなければならなかった。しかし、日々の警護活動で得た経験、訓練で培った体力や精神力を兼ね備えたプロフェッショナルたちにより、予期せぬ事態にも瞬時に対応し、完璧な要人警護を遂行した。
SPが要人を警護する一方で、都内で発生するあらゆる事件・事案の情報を共有し、テロ、ゲリラなど不法行為事案に素早く対処する部隊が新たに編成された。刑事部の鑑識課、捜査支援分析センター、機動捜査隊に所属する捜査員により編成された初動捜査部隊は、覆面パトカーの秘匿性、機動性を活かし、事件発生時に現場へ急行し、聞き込みや防犯カメラ捜査、現場保存など被疑者の早期検挙を目的とした初動捜査活動を行う任務にあたった。
その最中、アメリカ合衆国トランプ大統領が滞在するホテル付近で異臭がするとの110番通報が入電。警視庁内に緊張が走った。すぐさま、初動捜査部隊員として従事する第一機動捜査隊員は現場へ急行し、初動捜査を展開した結果、事件性のないことが明らかとなった。初動捜査部隊による迅速な現場対応により、警備体制に不要な混乱を招かずに済んだのであった。

要人警護 関係図

04

アメリカ合衆国トランプ大統領、離日。

平成29年11月7日午前、アメリカ合衆国トランプ大統領一行は日本を離れ韓国へと向かった。警備期間中、警視庁は総力を挙げて部隊を動員し、徹底した警戒によりテロ等の不法事案を完全に封じ込め、本警備を完遂した。警視庁の警備力は最強だということを、国内外に示せた瞬間だった。
まもなく開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では世界中から多くの人が集まり、これまで以上の組織力・警備力が求められるだろう。
来るその日に備え、警視庁の誇るプロフェッショナルたちが、常に高みを目指し、日々精進し続けている。

テロに立ち向かう、
緊急時初動対応部隊・ERT

警視庁では、銃器などを使用した重大事案に対応するため、各機動隊に銃器対策部隊を設置。さらに、この隊員の中から優れた技能を有する者を選抜した精強チームを編成し、初動対応に備えている。このチームがERT(Emergency Response Team)「緊急時初動対応部隊」だ。首都東京を守るため、隊員は日々の勤務や訓練を通じて切磋琢磨しながら、技能の向上に努めている。