大麻を知ろう

更新日:2020年5月8日

大麻とは

大麻草(学名:カンナビス・サティバ・エル)とその製品をいいます。
大麻に含まれる成分のひとつTHC(テトラヒドロカンナビノール)が主に中枢神経に作用し、興奮、陶酔、幻覚などを引き起こします。
使い方には「乾燥大麻を燃やしてけむりを吸う」などがあります。
なお、大麻の所持や栽培などは「大麻取締法」で厳しく規制されています。

大麻草、乾燥大麻、大麻ワックス、大麻たばこの写真

大麻による検挙者数(全国数値)

20代、30代を中心に検挙者が急増しています。

平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年
1,555人 1,761人 2,101人 2,536人 3,008人 3,578人 4,321人

スペシャリストへのインタビュー(平成30年取材)

第一回 京都府立洛南病院 川畑 俊貴 副院長

川畑副院長は、約30年にわたり、京都府立洛南病院で薬物依存症に苦しむ患者を治療しています。
今回、「治療のスペシャリスト」に、大麻の「本当のこと」を聞いてみました。

第二回 京都大学大学院薬学研究科 金子 周司 教授

金子教授は、主に「痛み」をテーマに、薬の良い面と悪い面について研究しています。
今回、「薬学のスペシャリスト」に、大麻の「本当のこと」を聞いてみました。

第三回 大阪大学大学院医学系研究科 木村 文隆 准教授

木村准教授は、大脳皮質の働くしくみと神経回路が形成されるメカニズムを研究しています。
今回、「脳神経のスペシャリスト」に、大麻の「本当のこと」を聞いてみました。

情報発信元

警視庁 組織犯罪対策第五課 銃器薬物対策第二係

電話:03-3581-4321(警視庁代表)