このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

暴力団への対応

更新日:2019年3月8日

脅しの手口

暴力団による脅しの手口は一般に3段階のステップを踏みます。

1段階

アプローチ

脅す標的を定め、いろいろな名目で接近してきます。

2段階

アタック

無理難題を吹っ掛け、相手を心理的に追い詰めます。

3段階

目的達成・再攻撃

一度要求をのんだ相手には、幾度でも脅しをかけて要求を繰り返します。

対応方法

  • 来訪者の氏名、所属団体、連絡先等の身分を確認する。
  • 複数で応対する。
  • 来訪理由・用件を具体的に確認する。
  • 暴力団員は相手の言葉尻をとらえて因縁を付けることが巧いので、言動には注意する。
  • その場限り、一時しのぎ的な返答はしない。また、不当な要求は明確に断る。
  • 暴力団員から「一筆書けば許してやる。」などと言われても、書類作成や署名押印は断固拒否する。
  • 録音やメモにより応対内容を記録しておく。

情報発信元

警視庁 組織犯罪対策第三課 暴力団排除第一係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

暴力団に関する困り事相談

このページを見ている人はこんなページも見ています

運転免許に関する情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る