このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

被害後の心身の変化について

更新日:2020年1月10日

いきなり襲われるなどの犯罪被害は、トラウマ体験のひとつです。なすすべなく圧倒されるような脅威により

  • 記憶が焼き付いたようにくり返しよみがえり、忘れることができない(フラッシュバック)
  • 事件後もビクビクドキドキが続いてしまう(過敏性)
  • 思い出しそうなあらゆるものに近づく事ができない(過剰な回避行動)

といった、心と体の様々な変化に戸惑い悩みます。
これらは、危険を察知するアンテナの感度が被害によって極端に上がってしまったりした結果であって、トラウマ体験のあとにはよく見られる正常な反応です。また一般的には、時間の経過とともに少しずつ和らいでいきます。
苦しい体験に気持ちが沈んでしまうこともあるかもしれませんが、まずは、安全の確保を最優先に、そして少しでも安心できる環境で心と体を休めることを心がけてください。落ち着いていくなかで、以前の生活でできたことを少しずつ取り入れていきましょう。

警視庁では、部内のカウンセラーによるカウンセリングを行っているほか、被害者支援都民センターを始め、専門的なトラウマケアの対応が可能な各種相談機関の紹介やご案内も行っています。ぜひ担当者を通じて当室へ問合せください。

なお、詳しい対応方法については、武蔵野大学心理臨床センターがわかりやすく動画にまとめて説明しております。ホームページで公開しておりますので、ぜひご参照ください。

情報発信元

警視庁 犯罪被害者支援室
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

被害にあわれた方へ

このページを見ている人はこんなページも見ています

運転免許に関する情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る