このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

その他(宿泊・引越し)

更新日:2020年1月10日

自宅に戻れないケースでの宿泊先の手配

自宅で被害を受けた場合などのように、被害後自宅に帰れないケースでは、警察で一時的な宿泊先としてホテルなどの手配をしております。

ハウスクリーニング費用の助成

同様に、自宅が被害場所となる場合で、その結果清掃や消臭などが必要な時は、一定の条件の下、一定額までのハウスクリーニングの費用を警察で支払います。

DV被害などでの引越費用の助成

ストーカーやDV被害のように、身の安全を確保するために緊急に引っ越す必要がある場合、一定の条件の下、一定額までの転居費用を警察で支払います。

情報発信元

警視庁 犯罪被害者支援室
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

警視庁のサポート

このページを見ている人はこんなページも見ています

運転免許に関する情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る